とりあえず半生で

事実と思考のごったまぜ

空と蟹と僕

Twitterとかでも軽く実況してたんだけど、先日家に財布を忘れて出勤してしまった。

電車に乗った瞬間に気付いたのだけれど、なんとかなるだろうと思ってとりあえず行けるところまで行こうということで最寄りの駅まで電車で向かった。

 

最寄の駅から勤務地までは約5km位、普段は路線バスで30分くらいで通っている。

5km、大体走ればバスと同じかそれより早く着く。

 

f:id:yoyosoin:20170620224959j:plain駅から15分歩くといきなり空が広がる。この日は曇ってるけど、晴れてると結構爽やか。なんてところに来てしまったんだって気になる。この写真の右側は2km位に渡ってずっと川。ずっと歩くことになる。

 

f:id:yoyosoin:20170626224240j:plain

鵜?鷺?なんか羽を乾かしているのか手前の方にアピールしてるのかわからんが、なんかやってる。これは今日撮影した。

f:id:yoyosoin:20170620225023j:plain

何かが素早く道路を横切ったと思ったら蟹だった。食べられるのかな。

 

月曜の朝っぱらから釣りしてる人とかいて、結構のどか。

財布忘れてひぃひぃ早歩きする自分との対比がすごい。

 

先週月曜に財布忘れて、今日も忘れた。

電車の定期は携帯にくっついてるので、忘れても何とか通勤できてしまうのがよくない。

 

朝っぱらから体力使うともれなく眠くなってしまうので、ほんとに困る。

 

財布に1000円忍ばせておいて、何とかバスを使って体力温存する方向性にせんといかん。

 

小学生の時分から、ランドセルには全教科入れて持ち歩いていて、忘れ物ってしたことなかったんだけど、最近はスマホになんでもあるからホント楽になったよね。

 

教科書もPDF化して全部タブレットPCに入れてしまえば楽だよなー。

宿題も全部テキストに起こしてからWebサイトに公開しちゃえばみんな楽だしという発想で、サイト運営したことをふと思い出した。

 

暇だったんだなー。

コーヒー中毒再発

ここ2週間位、カフェイン摂取を極力避けて、普通に生活できるまでになっていたのだけれど眠気とかに勝てずついつい飲む様。

結果的に、肩の筋肉とかピクピクする様になっちゃった。

不随意運動とかいうらしいんだけども、主にストレスとかで起きたりするらしいっぽい。

多分カフェインのせいだとは思っているんだけれど、多分。

筋肉が緊張しすぎちゃってると思うんだよね。

 

ストレス末期になるとあらゆるところがピクピクしだすのでまだ全然許容範囲なんだけど、ちょっと嫌だなーこれ。

 

少しずつ減らしていきたい。

 

とはいえ会社寄る前の100円ローソンで、UCCの900mlが98円とかで売ってるとつい買っちゃう。

 

コーヒーの味は自分、よくわからないんですがやっぱり100円ローソンのオリジナルブランドのコーヒーはなんか味が薄い気がしている。

最近飲んでないからわからないのだけれど。どうなんだろう。

 

それと缶コーヒーってブラックじゃないやつは味全部おんなじに感じるんだけどやっぱり違うのか?

 

量少ないから自分の金じゃ買わないんだけど、マジで美味いってやつあるんだったら一度飲んでみたい。どうなんだろ。

 

カフェイン減らしたいのに缶コーヒー気になっちゃったりして、何がしたいのかよくわからん感じに。

ひたすら惰眠を貪りたい…

免許更新忘れてた

昨日はがきの整理してたら、免許更新のはがきが出てきてしんどい…。

 

失効後、半年以内なら免許センターに行けばなんとかなるそうだが…。

 

うおーい、困った。

平日でないといけないのな…。

 

余計な経費と時間がかかってしまう、もったいないよー。

 

今度からこういうはがきとかは冷蔵庫とか見える場所に貼っておこう。。

 

 

ばたばたしとった。

故ありて、日記の更新ができなかった。

 

娘(次女)が入院で付き添いで妻も入院、自分は実父と共同生活。

自分が仕事中、三女の世話を父にしてもらっていた。

今週末が久々の家族での週末。

 

土日は毎回あっという間。

 

長女は保育園行き始めて間もないけど、よく耐えていた。

妻が入院中は自分にべったりだったのだけれど、妻が帰ってきてからはほぼ用済みっぽい。寄ってこない。

ご飯食べてる時とか立ち歩くのなど注意しすぎかな。

 

次女は退院後、なんか歩行速度が上がってる上に歩行時もなんか静かに歩くようになった。

忍びの技を習得してきたのかお前は。

 

三女はなんか寝返り覚えた上になんか自我の芽生えなのか、抱かないと泣く、ベッドにおいた瞬間泣く、等のアラート機能が強化された。正直困る。

 

強化点多すぎて対処できない事が多い。

自身の強化もしたいが、いかんせん限界突破できない。

この時間もう眠いし、何も出来ぬ…。

 

バタバタしてて歯磨きとかおろそかになりがちなので気を付けよう。

 

ふぇー

会社近くのとんかつ屋に行った。

先日、休日出勤をした際、会社の人がよく行くという伝説のとんかつやがあると聞いていたので上司にかねてより行きたかった。早くイかせてほしいと懇願した結果、なんと上司の奢りでイかせてもらった。

 

お店は老夫婦とおそらくその息子(すごいとんかつ体系)がやっており、お兄ちゃんと呼ばれているその息子は見た目以上に声が元気で好感が持てた。

お母さんのほうは手に大きな火傷跡があり、とんかつを揚げる行為がいかに危険かを物語っていた。豚、マジでこええ。

 

会社は駅から徒歩20分でそのとんかつやがある場所もそんなに便利な場所でもないし、道もそこまで交通量多いわけでもなく、お店の外観もパッとしない感じなのに、店の席は結構埋まっててびっくり。

 

あと店に入ったときにスーツを着たサラリーマン風の男性がおり、とんかつとチキンソテー、から揚げ、それと何かわからんが一品食べていた。大皿4皿とごはん大盛りってお前、2500円コースだぞ昼に本気出しすぎだろすっげぇ孤独のグルメ感あるけどそんな、、昼にそんな…、俺もそんな昼に本気だせる大人になりてぇ、と思った。

つうかなにより食いすぎだろ完食してんのが凄いわ。びっくりだよ僕ぁ。

午後ぐっすりだよそんなに食べたら。。

 

爪楊枝を加えてジャケット羽織りながら出ていくのがすごい様になっていた。もうほんとSONKEに値。

 

オーダー頼むときにとんかつと上とんかつと特上とんかつがあって、とりあえずみんな上とんかつを頼むこととなった。

その際にすごい気になったのだけれど、普通と上の違いって何って話で、部位なのかなんなのかわからんが、ちょっといいの頼みたくなっちゃうのが心理だとか話しながらちょっと次おばさん来たら聞いてみようとか考えてたら同時期位に入店したおっさんが「違いってなんですか?」って聞いてて、「厚さだけですよぅ~、特に違いはないです。」っておばさんマジかー。そーなのかー。

自ら行動せずに問題は解決することは有るんだな、人生。一つ学んだ瞬間だった。

 

ともあれ、出てきた上とんかつはなかなかおいしかった。

 

それ以上においしかったのは、味噌汁。

なんか豚肉入っててトン汁なんだけど、あのなんか色々出てる感じの出汁感やばい。

 

そしてメニューを見ていて思った。煮込み定食ってなんだ。

あれなのか、もつ煮なのか。

もつ煮だとしたらこのクオリティの味噌汁がでる店のもつ煮ってことになるので大変なことだと思う。

 

とにかく今度きたら煮込み定食を頼もうと思っている。

飲食店で次の展開を期待するってなかなかない体験で、ワクワクしている。

生レバー食べられたり、日本酒うまい店とかいった時に得られた感覚がこれだったわそういえば。

 

ユーザーエクスペリエンス高いってこのことなんだな、と久々にびっくりした。

(実は投稿する前にユーザーエクスペリエンスでググった。)

健康診断をしたりなど

先日、会社にて健康診断があった。

結果的に体重1kg減という結果だった。

一年の定期アニバーサリーアップデートはどうやら、

フォルムの改善が主だったらしい。

その他、最高血圧が100行かない等の微妙な変化があった。

 

元々は108位行ってたんだけどなぁ…、煩悩の数と比例しているのであれば、神に近づいていると考えても良さそう。神アップデート、来るか。

 

結果は99だったので付喪神(九十九的な意味で)にでもなるのだろうか。

 

最近寝起きがくっそ悪いのはそのせいなのかな、、等と思った。

血圧低すぎて二度計測されるのはなんか恥ずかしかった。

 

それはそうと顎のあたりにできものができたり、最近うんこがすっごいなんか便器につくんだけどなんで?

うんこの粘度が上がってんのかな、すんごい会社の掃除のおばちゃんとかに申し訳なさ過ぎてトイレットペーパーで若干便器拭いたりしてんだけど水底とかについちゃってんのはもうほんと、毎日ごめんなさいしてる。おばちゃんごめんほんと。

 

今流行りのうんこ漢字ドリルしたらなおんのかな。俺のうんこもドリルするくらいの勢いでガリガリーって流れて行ってくれたら立つ鳥跡を濁さない感じになるしなんかいい感じだと思うんだけどどうなんだろう。検討していただけないだろうか。

 

本当のところ食生活が問題だという問題意識はあるんで、最近昼はサラダ食べてからごはん採るなどの対策は練っているが功を奏さない。早く奏上してほしい。

くっそー、うんこだけに。正直辛い。

夏とおっさんと僕

社内の一部でインターネッツが使えないということで急遽駆りだされた自分が目にしたものは、謎の机、ダンボールの山にあるという噂の伝説の島ハブが息絶えた姿だった。

電源コードが抜けていたんですね。

 

ダンボールどかして机どかして、電源コードを挿すだけの簡単なお仕事の筈だった。

 

机をどかした刹那、飛び込んできたのは夏の風物詩、呂布

 

僕「あ、ゴキブリです。」

 

「ひえー」「ぎえぴー」「きゃんきゃん」とみんな大騒ぎ。

ゴキはどっか行っちゃったのでとりあえず電源さして復旧確認してた。

 

現場の中年おっさん「いやぁ、どったんばったん大変ですよね。」

僕「大騒ぎですね。」

 

おっさん「!!」

 

僕「!!」

 

おっさん「けものフレンズ…」

 

消え入るようなその声を僕は聞き逃さなかった。

でも、それ以上の言葉は僕らには必要なかった。

 

そして、僕は逃げ出した呂布を倒さなくてはならなかったので

その場を後にした。

 

踏んづけてやったわ。

 

おっさんとはあれから喋っていない。

 

(現場のお姉さん方には英雄扱いされた。)